かじのにっき(厚生労働大臣認定一級ピアノ調律技能士 梶 智洋)

kaji.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2014年 09月 25日

グランドピアノのメンテナンス週間

今日からの平日7日間は、一日1台、合計7台のグランドピアノのメンテナンスをさせていただきます。
この作業は業界では保守点検とも呼ばれていて、内部の清掃や、アクション(打弦機構)の摩擦部分等の汚れ取り〜調整項目全ての調整の見直し、調律、整音等を中心に行います。

こちらの現場では毎月1回の定期調律の他に年に1回のメンテナンスをさせていただいております。
毎月の定期調律時には主に調律と、少し気になる所の部分調整等をしておりますが、今回はメンテナンスなので、1からしっかり作業します。

ではいったい、どんな作業をするのか、出来るだけわかりやすくご説明させていただきます。
(もし調律師の方が以下をご覧になると、アレは調整しないの?
とか思われるかもしれませんが、
どなたでも理解していただけるような説明をしたいと考えておりますので、
どうかご理解下さいm(_ _))

掃除はその名の通り、ピアノ内部に溜まった埃や消しゴムのカス等を掃除機で吸い取ります。
よく弾かれているピアノは、ハンマーや部品に使用されているフェルトのカスも内部に溜まっている事もあります。

そしてアクションの摩擦部分の汚れ取りをします。
アクションは細かい部品同士が当たったりこすられたりして動いていています。
そうするとその部品の接点などに上記の埃等が付着したりして、アクション全体がスムーズに動かなくなり、タッチ感が変化したり、雑音が発生したりします。
それらの汚れを色々な道具を使いキレイになると、アクションがスムーズに動くようになります。

各種の汚れが取れたらアクションの調整を始めます。
調整の目的は、「鍵盤を押してハンマーが弦を叩く」その叩き方を良い状態にする事です。
叩き方が良い状態になると、その結果、良い音になります。
まず全ての鍵盤の高さを均一にしてから鍵盤の深さを均一にします。
そうすると鍵盤の動く(沈む)量が一定になります。
そこが揃うと次はハンマーが動く量等を調整して行きます。

まずその調整はメーカーの指定の基準寸度に調整し、その後1鍵ずつアクションの動きをチェックし、全ての鍵盤が良い状態で、同じように動くよう、また、同じようなサウンドになるよう微調整をして行きます。
はい、良い状態に調整がされると良い音になるんです。
アクションが無理無く無駄無く、鍵盤を押さえたエネルギーが無駄無くハンマーに伝わり、結果、良い音になるのだと考えております。
(もちろん、お客様のお好みの音に調整するのに、このアクションの調整でも対応出来ます)

そしてペダル関係も念入りにチェック〜調整します。

ここまで仕上がって来ると、音はもう作業前とは全く違う物になっています。

その良い音を聞きながら、調律をします。
(調律でもお客様のお好みの音にする事が出来ます)

最後に全ての鍵盤を1つ1つ弾いたり、和音を弾いたり、ペダルを踏んでみたり...
細かい所を調整して完成です。

この一連の作業の事を一般的には「メンテナンス」や「保守点検」と呼ばれているようです。
コンサートホールやレコーディングスタジオでは定期的に実施されていて、いつでも良い状態でピアノが弾けるようになっていると思いますが、一般のご家庭やピアノの先生のお宅などでは、ご予算や作業にかかる時間等で、余り行われていないのが現状のようです。
しかし、数年に1回でもこのような作業を行うと、その後のピアノのコンディションが良い状態になると考えております。
是非お伺いしている調律師の方にご相談して見て下さい。

という事で^^;
今日の作業中に撮影した写真の一部をUPさせていただきます。

掃除機はもちろん持参します。
a0017760_18301580.jpg


内部の掃除画像の一部です。
a0017760_18303933.jpg


a0017760_18311085.jpg


これはカジーニの3Dピアノです^^;;;;;
a0017760_18312764.jpg


鍵盤の高さや、
a0017760_1832560.jpg


a0017760_18323849.jpg


鍵盤の深さを調整しています。
a0017760_1832772.jpg


調律もします
a0017760_18325927.jpg


今日使った工具の一部です
a0017760_18333888.jpg


企業秘密もあるので(爆)写真はこれで全てです(笑)

今年も7台を実施させていただくので、この作業を、残り6回回しです!
明日からも頑張ります!!

でもね、毎月調律に伺ってても、年に1回のメンテナンスをするとやっぱり良い音になるんです!
今日それを体感したので、また明日からも頑張れます!!!

by kaji-piano | 2014-09-25 18:41 | Comments(0)
2014年 09月 22日

雑音の犯人救出!

本日調律に伺い、何気なくグランドピアノを弾いてみると、どこかで聞いた事のある雑音が発生していました。

以前も聞いた事のあるような音。

もしや?と思い、ちょろっと横を見てみると...

a0017760_16404953.jpg


やっぱり!アレがありませんでした。
さ〜て上から覗いてみても見当たらない、どこに隠れているのかな?
とiPhoneのカメラを起動して鉄骨と共鳴板の間をあちこち確認してみると...

はい!ここに落ちていました!

a0017760_16431894.jpg


場所が分かればもうしめたものです!
今回はちょうど切れた弦の端くれがあったので、それでちょいちょい移動して救出完了!

a0017760_164449100.jpg


後は元の位置に戻して救出完了しました!

a0017760_16461263.jpg


この部品は譜面台のストッパーで、楽譜を乗せる譜面台がこれ以上奥へ行かないようにする為の部品です。
ヤマハのグランドピアノはこのような仕組みになっています。
この部品は金属で、刺さっている部分は木材です。
ピアノが設置している環境の変化によっては、これが緩んで外れて下に落ちてしまう事があります。
見える所に落ちていればすぐに気が付くのですが、今日のように見えない所に潜り込んでしまって気が付かない事もありますが、共鳴板の上に落ちると、ピアノを弾いて共鳴板が振動して音が鳴る際に、それに反応して雑音となって存在をアピールします。
今日のようにすぐ近くに隠れている事が容易に想像出来れば良いのですが、前回別のピアノで同じ現象に会った時は、ピアノの奥の方の中音弦と低音弦の交差している辺りから音がしており、救出に苦労しました。
この時の状況は、
まずストッパーがすぐ下に落下、その後、落下した事に気が付かれないまま移動する為にピアノが起こされて梱包されこの部品が転がり奥の方へ移動、その後ピアノを別の場所に移動し開梱、音を出してみたら雑音発生、という事でした。
その時は本人は目視出来なかったのですが、おおよその場所は確定出来たので、強力な磁石が先端に付いたマジックハンドのような秘密兵器を使用して救出成功しました。

by kaji-piano | 2014-09-22 17:04 | Comments(0)
2014年 09月 20日

大学でのお仕事

今週の火曜日から今日までの5日間お仕事させて頂いた大学のお仕事が全て終了しました。
当時の教授にご指名をいただいてから13年目になります。どうもありがとうございます
m(_ _)m

また、お手伝いいただいた方々どうもありがとうございました
m(_ _)m

a0017760_13224154.jpg


a0017760_13224474.jpg


a0017760_13224995.jpg


a0017760_13225618.jpg


a0017760_15534832.jpg


a0017760_132312.jpg


a0017760_1323597.jpg


a0017760_13233255.jpg


by kaji-piano | 2014-09-20 13:28 | Comments(0)
2014年 09月 15日

9月に入ってから

9月に入ってから、、、
1日から5日までは静岡県掛川市にあるヤマハで技術研修の受講をしておりました。

そして東京に帰って来てから、あらゆる現場でお仕事させていただいております。

そして、この3連休は、先日お引き取りさせていただいたグランドピアノのアクションのお届け〜各部の調整、そして調律をさせていただいたり、
専属で調律させていただいているレコーディングスタジオや、初めて伺うレコーディングスタジオでのお仕事をご指名下さったり、ピアニストご夫婦のお宅で2台調律や調整をさせていただいたり、
充実した連休を過ごさせていただきました。
あ、ワタクシ、仕事が無い日に家で時間を潰すのが非常に苦手でありましてwww
お外に行ってピアノの前で何かの作業をしているのが一番幸せなのです!^^;

そんな感じでして、、、

明日からの1週間は、朝は都内でコンサートや公開講座、レコーディングスタジオで仕事をしてから、西多摩地区の大学で練習室やレッスン室等の調律をさせていただきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

↓写真に深い意味はありませんw

a0017760_22195020.jpg


a0017760_22195727.jpg


a0017760_22203256.jpg


a0017760_22212989.png


a0017760_2222512.jpg


a0017760_22233338.jpg


a0017760_22241257.jpg


a0017760_22252354.jpg


by kaji-piano | 2014-09-15 22:25 | Comments(0)
2014年 09月 13日

写真など〜

先日お持ち帰りさせていただいた修理の写真をメインにUPさせていただきます。

家で色々作業をさせていただくべく、車に積んでアクションをお持ち帰りさせていただきます。
a0017760_19415752.jpg


弦を叩くハンマーを整形したり、、、
a0017760_19424323.jpg


ハンマーの動きが悪いので、88個の軸のピンをちょうど良い感じに調整したり、
a0017760_1943489.jpg


a0017760_19435348.jpg


a0017760_19435865.jpg


a0017760_1944376.jpg


お届けまでに出来る調整の数々を行ったり
a0017760_1946126.jpg


本日お届けし、半日かけて、その他の調整と調律等をさせていただきました。
a0017760_19463719.jpg


どうもありがとうございました
m(_ _)m

おまけ

こちらは、塾の先生をしているお客様からいただいた、ハマグリを使ったアクセサリー、生地を貝に密着させながら接着剤を使わず縫っているそうです。
いくつか見せていただき、気に入った色を差し上げますと言っていただき、選んだのがこちら。

a0017760_19492620.jpg


あ、中身は食べてから作成するそうです^^;

明日からもガンバルンバ!

by kaji-piano | 2014-09-13 19:51 | Comments(0)
2014年 09月 05日

研修終了〜帰宅しました

今週の月曜日から今日まで5日間、ヤマハ掛川工場内にあるヤマハピアノテクニカルアカデミーで、ピアノの調整の上級研修フェーズ2という研修に行って参りました。
(ピアノ調律関連の仕事もある意味職人の世界なので、全然終わりはなく、一つ覚えたら次の世界(技術的にはレベル?)が見えてくるというような感じでしょうか)
受講を認めて下さった所属事務所様、アカデミー所長並びに5日間ご指導下さった先生方、一緒に研修を受けた方(定員2名でした)、1ヶ月コースや1年コースで研修されている皆様、工場内の食堂やお掃除スタッフの方々、毎日寝泊まりする浜松の寮の舎監さんや食堂の方々、どうもありがとうございました
m(_ _)m
お陰様で、研修中は自分の技術の苦手な所の克服や、新しいやり方を模索したり、使った事がない工具を試してみたり、
自由研究では、色々な作業をさせていただきまして、誠に有り難く存じます。
今回の研修で、ちょっと不安だった作業で個人的に新しいやり方を発見出来ましたので、それを自分の技になるよう徹底的に腕に覚え込ませる為、明日からまた走り出します!

少し写真をUPします

月曜の朝9時半過ぎ、品川から掛川へ向かいます
a0017760_1817798.jpg


自由席で貸し切り状態!?
a0017760_1817139.jpg


グループ乗車券をいただきました
a0017760_18173873.jpg


このお部屋で
a0017760_1818316.jpg


実習させていただきました
a0017760_181746100.jpg


調整
a0017760_18181072.jpg


調整
a0017760_18182282.jpg


最終日
a0017760_18182564.jpg


帰りの新幹線のホーム
a0017760_18183764.jpg


車内で続き
a0017760_1818419.jpg


研修2日目3日目頃は先が非常に長く感じましたが、終わってみたら少しあっという間だった感じもします。
私が研修中に代理でお仕事に行って下さった方々、本当にありがとうございます。
明日からまた普通にお仕事に復帰しますので、どうぞよろしくお願いいたします
m(_ _)m

by kaji-piano | 2014-09-05 18:26 | Comments(0)