人気ブログランキング |

かじのにっき(梶 智洋 公式blog 厚生労働大臣認定一級ピアノ調律技能士)

kaji.exblog.jp
ブログトップ

2020年 01月 11日 ( 1 )


2020年 01月 11日

今日の現場(少し長文w)

今日は、17年前に私からピアノを買っていただいた保育園へ、調律などに伺いました
m(_ _)m

思い出すと確か20年ほど前、別の保育園でボランティアでピアノ演奏されるピアニストさまからのご紹介で調律に伺ったのがきっかけでした。
その後、確か17年ほど前、国か都が保育園や幼児教室などで必要な備品の購入資金を最大100万円まで補助するというような制度があり、私が伺っていた保育園が新たに園を設立するので、そこで使用するピアノが欲しいとお話しいただき、販売から調律を担当してまいりました。
(当時私が伺っていたお客様が働いている別の幼児教室では、運動会などで使う中規模のPAシステム一式を購入いただいた事もありました)

↓が17年前にご購入いただいたピアノです。
今日の現場(少し長文w)_a0017760_16595884.jpeg
今日の現場(少し長文w)_a0017760_17000107.jpeg

そして、別のお部屋のピアノをもう1台、と思いましたら、ピアノの真上に棚が設置されていて上の蓋が開けられず、
では(他の現場ではよくある事なので)ピアノを手前に動かしてから調律、と思いましたら、
耐震装置と床の間にゲル状のものが敷かれていて、強力接着剤のようにくっついており、ピアノを移動する事が出来ませんでした。
今日の現場(少し長文w)_a0017760_17033994.jpeg

私の怪力で持ち上げようとしてもうんともすんとも言わず(汗)
ジャッキで持ち上げようと思いましたが、耐震装置が破損する恐れもあり、しかしもう片方は棚があってジャッキで持ち上げる前にピアノが棚にぶつかる、
お聞きすると、棚は取り外せません、との事。
ゲルは石油系だと思うので、ガソリンか何かで溶かそうとも考えましたが、園児さんたちのお昼寝部屋なので、それも断念。
何かの方法で手前に動かせたとしても、元に戻せない、現状復帰も不可能。
状況をご説明し、今日は何もせず、帰ってまいりました
m(_ _)m

この耐震装置、私が10年ほど前に設置したのですが、その時は別の場所にあり、お部屋の模様替えで業者が移動したようです。
その時に、別の備品などの下の全てに、良かれと思ってこれと同じものを敷いたようですが、
このピアノの耐震装置は、地震の時にピアノを滑らせて転倒を防ぐというタイプのもので、壁側に傾いた時にも対応出来るピアノの背面に太いパイプのような物も取り付けましたが、それも取り外されていました(汗)









by kaji-piano | 2020-01-11 17:17 | Comments(0)