かじのにっき(厚生労働大臣認定一級ピアノ調律技能士 梶 智洋)

kaji.exblog.jp
ブログトップ
2017年 04月 20日

応急処置〜リフティングレールの雑音〜

(ヤマハのグランドピアノの場合です)

過去に投稿した記事では、その雑音を無くす為に部品を交換した事をご報告いたしました。

今回は、その場で雑音が消えるかもしれない応急処置を投稿させていただきます。

ヤマハグランドピアノのある時期のピアノやある機種では、リフティングレールが可動する関節部分のフレンジが木製で、大きな湿度変化で、3つあるセンターピンの位置が一直線でなくなったり、それについているネジやその近くの部品のネジが緩んだりして雑音が発生します。
それらを修理したりネジを増し締めするのは構造とスペースの問題で非常に大変で、その後環境が変わると再発する事も想像できます。
過去の投稿では、木製の部品が無いパーツに交換する方法をUPしました。

今回は別の方法を少し。
リフティングレールは4つのネジで止まっていますが、そのうちの1つ、あるいは2つのネジを取り外すと雑音が消える時があります。
それは、一直線上になければならないセンターピンの歪みが、少し軽減されるのだと思います。
最低2か所でネジが止まっていれば問題なく動きますので、いろいろなパターンでネジを締めてみて、雑音が消えたらそれでオッケーです。
なので私の場合、時々写真のように、残ったネジを見えないところに置いており、次回また戻したり、戻さなかったり、違う場所にネジを変えたり、、しています。

ご予算があれば、その場所では雑音が出ないパーツに交換するのがオススメです。
確かパーツ代は3,000円(税抜)位で、作業時間は30分〜1時間位で終了しますので、それに見合った工賃で対応させていただきます。
a0017760_16052103.jpg


by kaji-piano | 2017-04-20 16:12 | Comments(0)


<< 応急処置〜グランドピアノの鍵が...      ピティナ・ピアノ調律師紹介ページに >>